家にまつわる話 さやか on 20 12月 2017

玄関の快適性

玄関は家族が毎日出入りをする場所でもありますし、お客様が最初に足を踏み入れる場所でもあります。いつも美しく、清潔感のある空間を保ちたいものです。しかし、実際には脱ぎっぱなしの靴が散らかっていたり、屋外で使用した子ども達のおもちゃやベビーカー、ボールなどの部活用品などが玄関脇に置きっぱなしになっていることも多いです。旦那さんの趣味のゴルフバックなど趣味用品の収納場所に困っている家庭も多いのではないでしょうか。

玄関の美しさを保つにはまず玄関収納がポイントの一つです。そこで最近では玄関横にシューズクロークを設ける家庭が多いです。靴や傘を収納するだけでなく、屋外で使用するものまできちんと整理できる大型のシューズクロークが人気です。子ども達のおもちゃや部活用品に趣味用品、アウトドア用品などが収納できるシューズクロークがあると非常に便利です。

屋外で使用して汚れてもそのままサッと片づけられるように土間収納もあると便利ですし、玄関に物がいつまでも散らかるようなことが避けられるのです。このようなシューズクロークを設ければ玄関に靴箱などを設ける必要もなくなり、スッキリと広々とした空間が広がるのです。

靴を収納する場所であるためにおいが気になりますし、湿気対策も大切です。窓を設けておけば、採光や採風が確保できます。換気扇やナノイー発生機を設けてにおいや湿気対策を行い、清潔感のある玄関にするようにしましょう。

そして、このシューズクロークからも室内へ出入りできるように動線を確保しておくのもいいでしょう。動線のスムーズさは暮らしやすさに繋がり、玄関に靴や物がより散らかりにくくなりますし、自分達で靴や物をしまうという習慣が身に付きやすくなるのです。このような玄関収納を設け、玄関の美しさを保ちたいものです。

家にまつわる話 & 新築 さやか on 03 4月 2015

便利さを感じるシューズクローク

私の周りには新築住宅を建てた友人が増えてきました。
我が家も友人達に続き住宅を建てることになりました。周りに住宅を建てた友人が多いのでいろいろなアドバイスをもらえ、また多くの住宅を見ることができ家造りの参考になっています。
そこで我が家にも取り入れたいなと思っているのが便利さを感じられるシューズクロークを設けることです。最近玄関横にシューズクロークを設けるスタイルは主流となっています。

ただ靴や傘、ベビーカーや外用のおもちゃなど収納するスペースとするだけではなく、ここに手洗いスペースを設けたり、ウォークスルーシューズクロークにしたり、上着などまで収納できるスペースを設けたり、趣味用品までもしっかり収納できるシューズクロークにしたりと多機能性が求められているのです。
友人宅のシューズクロークには手洗いスペースが設けられていました。
帰宅してそのままリビングに行く人が多いと思います。
そうするとカバンや着ていた上着はリビングに置きっぱなしになり、またリビングに一度腰を下ろしてしまうと洗面室へ行き手洗いをするのが面倒となってしまいます。
このことを考えシューズクロークに手洗いスペースを設けたというのです。
帰宅してそのまま手洗いをして室内に入ることができれば、わざわざ洗面室へ行き手を洗う必要がなくなります。

またリビングにカバンや上着が散らかないように上着はポールに吊るして一時置きでき、カバンも棚に置いて置けるように収納スペースも充実させていたのです。
動線を考え収納スペースを充実させたり、手洗いコーナーを設けたりすることは生活をより豊かにしてくれると思います。
我が家の新築住宅は動線を意識してウォークスルー型のシューズクロークにしようかなと思っています。