洗面室は、家族がいろいろな用途で使用します。手洗いや歯磨き、ヘアセットにお化粧、入浴の前後や洗濯など多目的で利用されるため住宅の中でも重要な空間の一つなのです。今までは洗面室の広さは1坪が一般的と言われていましたが、最近では1坪以上の広々とした洗面室が設けられるようになってきました。

特に思春期頃の子どもがいる家庭では身支度に時間がかかり、特に朝は洗面室が取り合いのような状態になることも多いでしょう。そこで洗面室の広さを確保し、広々とした洗面台を設けます。大きな洗面台であれば家族が2人並んで歯磨きなど身支度が行え、朝のバタバタを解消できます。ダブルボウルにしておけばより洗面台の使い勝手が高められます。

また、洗面室は収納不足に陥りやすい場所でもあります。物で溢れた洗面室は一気に生活感が増します。そこで洗面室の収納力をアップさせ物で溢れず、生活感を感じさせない洗面室にしましょう。オシャレな洗面室を目指す人も多く、既製品ではなく洗面台を造り付ける家庭も多いのです。大きな鏡張りにオシャレな洗面ボウルと蛇口を設ければ一気に洗面室の雰囲気も変わります。天板にはモザイクタイルを敷き詰めインテリア性を高めます。

洗面台を造り付けると同時に洗面クローゼットも空間に合わせて造り付けるのです。床から天井まで有効活用できますし、洗面台と洗濯機の間に隙間が生まれることもなく上手に収納スペースを確保できるのです。物で片付けられた洗面室で、家族が同時に利用できる洗面台があることで利用のしやすい空間が広がるのです。