ハウスメーカーさんや、住宅資材のメーカーさんは展示場をおもちのところが多いです。家の新築や増改築をお考えの際に訪れることがあると思います。

メーカーさんは常に新しくていいものを提供するためにショールームにたくさんの商品をディスプレイしています。商談もショールームで行われる事が多くなるとは思います。カタログだけで商品を知り仕組みを読んでもあまり実感がない場合は是非ショールームを訪れて見て触って体験して!がいいでしょう。

サイズや色の感じなどすべてにおいてカタログで見るだけとは違います。ショールームを訪れることでイメージは膨らみ、より現実的になるはずです。

しかしたくさん有りすぎて自分の家にはどれが合うかわからないということもあるかとおもいますが、そんな時はオープンハウスをご覧いただくのはいかがでしょう。

こちらは完成した住宅の施主の方のご好意により内覧できるというものです。実際のそこにすむ家族の方々が考えてお選びになったものが、家族構成や生活スタイルにより形にしたものですから実際の生活により近くなると思います。ショールームだと広い空間で照明や天井高も実際の自宅とは違いますから、良く見えたりそこまで大きく見えないものです。それが実際の住宅の中に入ったものを見ると、部屋の広さから圧迫感があったり、また色の感じで部屋自体が暗く感じたりということもあるかもしれません。高さといった点でも使う方の身長がとても重要になってきます。キッチンや洗面台の高さは使い勝手の点から考えるととても重要です。イメージや感じだけで選ばず実際試してみることも大事ですね。