新築 さやか on 20 7月 2010

住宅会社が決まった

いろいろと父と話もしたけれど、やっぱりこの間見学会をやっていたサラダホームに家造りを頼むことにした。

話す前からほとんど、みんなの気持ちは決まっていた。

外壁を漆喰にするかどうかは別にして、内壁を漆喰にしてあげるだけで抜群の空気環境になるのだという。

話を聞くと、今までアレルギーで苦しんでいた子供さんが漆喰の家に住むようになって、ハナミズがぴたりとやんだらしい。

本当かなと思うけど、きっと本当なんだろう。

その証拠に漆喰の家はとても居心地がいい。

見学会でも見せてもらったし、モデルハウスも見に行った。

このモデルハウスがまたすごくてオール無添加素材という「無添加住宅」だった。

サラダホームは大分無添加住宅という名前も持っているそうだ。

この無添加住宅は兵庫県に本社のある住宅会社で、もともと普通の工務店だったけれど、シックハウスに悩むお客さんの相談を受けてこの事業を始めたらしい。

それが功を奏したというわけなのだが、こうして何も関係のないわたしたちまでいいものにめぐり合えたことを本当にラッキーだったと思う。

大分で新築の注文住宅を建てるならこの会社を一度は見ておいたほうがいいと思う。

この会社は新築だけじゃなく、営業エリアである大分でリフォームや不動産に関しても全力で取り組んでいる会社のように感じられる。

それに社長さんの家造りに対する想いをたくさん聞いてもう、みんな、ここ以外にないくらいに思ったと思う。

職人の父から育てられた私は同じく職人(大工)だったという社長さんの話にいたく感銘を受けた。

だんなさんがなんていうかと思ったけれど、サラリーマンの息子であるだんなさんもいたく感銘を受けていた。

すべてがまるく収まった。よし!

新築 さやか on 13 5月 2010

父の勧める住宅会社

父のおススメだというある住宅会社で建物の見学会があるという情報をゲット。

早速行ってみることにした。

外から見ただけでなるほど、と思った。

漆喰の塗り壁の家だった。左官の父が勧めるはずだよ。

外は真っ白の壁に、濃いブラウンのサッシと屋根がきれいに映えている。

色としては好きな色。

さて、中はどうかな?なんと内壁も漆喰塗りだった。

案内をしてくれた人が言うにはこの漆喰、昔からお城の壁や土蔵の壁にも使われている天然素材で、湿気を調節し、空気をきれいにしてくれる機能も持っているそうだ。

漆喰というものは左官の娘だから知っていたけど、湿度の調節や空気清浄作用があるなんて事は知らなかった。

でも、昔の家はみんなこういった自然素材で作られているから結露とかもしないと思ってた。

だけど、本当は使っている材料が調湿などの効果を持っていたんだ、と初めて気がついた。

それに、今主流のクロスという壁紙は、合成の接着剤を使っているから、そこから出る化学物質がシックハウス症候群の原因にもなっているという。

シックハウス症候群、どこかで聞いたことがある。

と思ったら3年前に新築のマンションを買ったおばさんが、シックハウス症候群にかかり、せっかく買ったマンションに住めないという大変な事態が起ったことを思い出した。

シックハウス症候群にはそんな秘密があったのか。

せっかく新築の注文住宅を建てても、その家に住めないんじゃ仕方がない。

いい素材を選ぶことが必要だとわかってよかった。