トイレは使用頻度の高い場所です。使用頻度は高いのですが、滞在時間は短い場所なだけに第一印象が非常に大事な場所でもあります。家族の使用頻度が高いだけでなく、家に遊びに来たお客様が使用する機会も多いだけにおもてなしという観点からもトイレを考える必要があるのです。

トイレの広さには限りがあります。広さに限りのあるトイレですが、トイレにも収納しておきたいものはあります。それらをしっかりと収納できるスペースを確保しましょう。そこで有効的なのが、壁厚を利用したニッチを設けて、トイレットペーパーやサニタリー用品を収納するのです。ニッチの前にはそれらを隠すために扉を設けておけば生活感を感じさせず、空間に圧迫感を与えることもありません。

そして、トイレをより広く見せたいのであれば、タンクレストイレがいいのです。タンクがないことでスッキリとした形状でトイレに広さを感じさせてくれます。このタンクレストイレは非常に人気です。このタンクレストイレの人気と共に、トイレ内に手洗いスペースを設けるスタイルが主流となっています。手洗いスペースがないと、わざわざ洗面室で手を洗わなければいけなくなるからです。

我が家はこの手洗いスペースに注目しました。この手洗いボウルや蛇口は住宅のテイストに合わせてアンティーク調のデザインのものを取り入れました。洗面ボウルを設置する天板はリビングの梁や、キッチンカウンターと同じ濃い目のアンティークカラーの色味にしました。住宅全体との調和が取れることでまとまりのある住宅に仕上がるのです。そしてこの手洗いスペースには鏡を設置しました。トイレ内にミニ洗面台スペースを設けることで、お客様が用を足したついでにお化粧直しや、身だしなみを整えられるのです。洗面ボウルを設置した天板のサイドにはアメニティグッツを置き、お客様へのおもてなしにも配慮しました。トイレがきれいな場所に人は集まると言われています。トイレは家族の快適性だけでなく、お客様にも居心地の良さを感じてもらえるそんな空間を目指してほしいと思います。