家を建てるとき、キッチンのショールームを見学しましたが、実に多くの種類の水栓があることに驚きました。シングルタイプのレバーとそれをさらに改良したエコシングルタイプのレバーは押すだけで出すことができますから、手が汚れていても、水を出したり、止めたりすることができます。タッチスイッチタイプのレバーは、さらに、軽くタッチするだけで、出水も止水もOKです。両手がふさがっていても、大丈夫です。高性能のフィルターを内蔵している浄水器付きのものもあり、水はねの少ないタイプも出ています。シングルタイプのレバーもタッチスイッチタイプのレバーにしても、料理の流れを止めることなく、水を出したり、止めたりできます。

 我が家の場合は、エコシングルタイプのレバーを選びました。以前は、料理の途中に水を出す場合、レバーでなく、蛇口をひねらなくてはならないので、手を洗わなければなりませんでした。何度も何度もそれを繰り返すために、とても面倒です。さらに、水を止めることは面倒なので、出し放しにすることが多くなってしまいました。出し放しにすると、思ったより多くの水が流れていきます。気になるのですが、料理の能率を考えると、どうしても、出し放しにしてしまいます。新しいキッチンを考える時に、節水を一番の改良点に考えました。初めて、シングルタイプのレバーを操作した時、手が汚れていても、手の甲側で操作できるので、びっくりしました。

エコエコと言いますが、自分で工夫するだけでは限界があります。このような水栓を設置することで、簡単にエコを実現することができます。ちなみに、洗面所にもこの水栓を設置しましたので、歯磨きの途中とか、洗顔の途中とかでも水を出し放しにせずに済んでいます。水回りにこの水栓を採用することで、全体にかなりの節水になりました。