家にまつわる話 さやか on 10 2月 2015 10:45 am

階段下収納

住宅への不満の大部分が収納に対するものと言われています。
住宅への不満を少しでもなくし、満足度の高い家にするには収納を充実させるということが大事なのです。

そこで住宅の収納スペースとして当たり前にもなってきた階段下収納。
我が家も新築住宅を建てることになり、この階段下スペースを有効に活用しようと思っています。

現在は二階建ての賃貸住宅に住んでいます。
この賃貸住宅にも階段下収納が設けられています。掃除道具など大容量に収納できるのですが、階段下収納は形が独特なだけに上手に使いこなせていません。
奥にいくほど天井は低くなっています。奥行もあるため奥に収納した物を確認しにくく、また取り出しにくさもあります。

収納はただ大容量に収納できればいいというものではなく、大容量に収納できながらも収納しているものが何かが分かりやすく、また必要な物を取り出しやすくなければ意味がないのです。形が特徴的な階段下収納を上手に活用し使い勝手のいい収納スペースとすることが大事なのです。
夜でも物の出し入れがしやすいように照明を設置したり、扉を設置する位置にも配慮することで取り出しにくさを解消できたりします。

我が家は階段の横にトイレを設けます。
この階段下収納はトイレの収納スペースとして活用する予定です。トイレという広さに限りのある空間では必要な物を収納していたくても収納するスペースがありません。

しかしこの階段下収納を活用させることで特売で買い込んだトイレットペーパーを収納しておけたり、トイレの掃除道具やサニタリー用品までしっかりと必要な物をなおしておくことができます。
階段下収納を充実させた家にしたいものです。

Comments are closed.