家にまつわる話 &新築 さやか on 07 9月 2014 02:21 pm

家族が笑顔になる家づくりの法則

家づくりを成功させる秘訣は、家族全員が家づくりに参加するという方法です。シンプルでありきたりではあるけれど、実はこれが意外と難しい。家族全員の意見や経験を生かして家づくりをするとどんなメリットがあるのでしょうか?

家づくりを行ったご家族600組を対象にしたアンケートによると、家づくりを家族全員で行ったという方は30%程度。それ以外は夫婦のみ、あるいは夫婦どちらかが主導して家づくりを行った、中には工務店のプランなどに任せたという方もいました。
家族全員で、といっても、実際にはお子様が小さかったりすると意見を吸い上げようにもなかなか難しいものがあります。少なくともお子様が小学校高学年以上であれば積極的に家づくりに参加させてみてはいかがでしょうか。
家族全員で家づくりをすることで、夫婦だけではなく他の視点から使い勝手や動線を考えることが出来るのはやり強みです。

例えば朝の同じ時間帯の行動範囲を間挙げてみてもお母さんとお父さん、高校生の息子さん、中学生の娘さんという家族構成であれば使用する場所や時間が大きく異なります。間取りや収納スペース、住宅の機能や設備を考える際にそれぞれの視点で不満な点や希望する点を加味すると、本当に必要な物が何かが自然と分かってくるでしょう。
ライフスタイルや生活サイクルが異なるというご家族であればあるほど、それぞれの希望を吸い上げて家づくりをしてほしいものです。今現在の住宅に抱えている不満点や良い点を書き出すなどまずは個人レベルで考えていることを擦り寄せるところから家づくりをはじめてみましょう。

Comments are closed.