新築 さやか on 10 6月 2018 08:04 pm

サンルーム

我が家はリビングの先にサンルームを設けました。リビングの大開口の窓の先に広がるサンルームは、室内では得られない明るさや開放感が得られます。室内との一体感を感じることもできますし、庭との一体感も感じることができるのです。リビングとサンルームの境は段差なくフラットに繋ぎました。

小さい子どもから高齢者まで安心して行き来が行えますし、行き来のしやすさはサンルームをより身近なスペースとも感じられるのです。ここは第二のリビングとして家族で食事をしたり、ママ友とお茶をしたり、夫婦で晩酌をしたりと多目的に利用できます。天候に合わせてサンルームの扉を自由に開閉できるのでフルオープンにして自然と隣り合わせの時間を、また庭の景観を楽しみながら心身ともにリフレッシュするには最適です。

雨の日でも扉を閉め切っておけば利用することができますし、ここの天井には洗濯物干し場を設けているので天候に左右されることなく洗濯物が干せるので非常に重宝しています。今時期は花粉の飛散が気になりますが、扉を閉めておけば花粉がつくことなく安心して衣類を干すことができて助かっています。

しかし、デメリットもあります。夏はサンルール内が高温になります。内部日よけやカーテンなどを設けて暑さ対策を行っておきましょう。日差しをやわらげエアコンなどの冷気が逃げるのを防ぐことにも繋がります。冬は日が照っていないと寒いです。しかし、室内は二重窓効果が得られるためあたたかくなるのです。室内の快適性だけでなく、アウトドアリビングを楽しめる住まいを目指してみるのもいいのではないでしょうか。

Comments are closed.