家にまつわる話 さやか on 12 8月 2016 02:25 pm

失敗しないパートナー選び

家造りはまず、業者を選ぶことから始まります。実は、このパートナー選びが家造りの最大のポイントでもあるのです。希望に合った、または希望以上の家が出来上がるかどうかは、最適なパートナーに出会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではないのです。しかし、大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせると数多くの業者が存在します。その中から一社だけ選び出すというのは容易なことではないのも事実です。

業者選びを少しでもスムーズに行うには、まずは大手ハウスメーカーか工務店かどちらが自分達に合っているかを見極めることから始めましょう。大手ハウスメーカーの特徴は、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っています。モデルハウスやカタログなど家造りのイメージを沸かせるための材料が豊富に揃っています。画一化されたデザインを持っているので提案力もあるのです。

その反面、自社商品のみしか売ってくれなかったり、商品の規格化のため自由にならない部分があるのです。広告宣伝費やモデルハウス維持管理費など様々な経費が建築費に上乗せされてしまうので価格がどうしても高めになってしまいます。

工務店の特徴は、大量生産とは異なる一品生産の家造りを行うことができます。建築主の希望や都合を最優先してくれるのも嬉しいものです。地元の工務店は、地域での評判を大切にするため、施工はもちろん、引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視してくれるのです。しかし世間一般的に会社規模が小さいため、不安視されることも多いです。洗練されたデザインや提案力に欠けていると感じることもあるかもしれません。自分達にはどちらが適しているのかをしっかりと見極めて、最高の住宅を完成させたいものです。

Comments are closed.