家にまつわる話 さやか on 19 5月 2016 06:27 pm

家事室

主婦の憧れの場とも言われる家事室。最近この家事室を設ける家庭が増えてきました。この家事室が最近人気を高めているのは、家事は365日休みがないものだからです。休みのない家事にできるだけストレスを感じないようにすることで、毎日行う家事を楽しみながら行えるようになるのです。

この家事室が設けられる場所は、家事の中心的存在のキッチンと、そのキッチンから行き来を頻回に行う洗面室を繋ぐように間に設けられることが多いです。キッチンと洗面室を繋ぐように家事室を設けることで、家事動線がよりスムーズになり家事を効率良く行えるようになるのです。この家事室では、洗濯物を洗う、干す、たたむ、しまうという一連の作業を一か所で行えるのです。同じ空間でこれらのことを行えることで、手間だった家事の負担を大幅に軽減でき、時間的なゆとりをもたらしてくれるのです。

洗濯は毎日行う家事の一つです。屋外に洗濯物を干すのですが、悪天候時や外出して帰宅が遅くなる時など室内に洗濯物がきちんと干せる場所があると家事をスムーズに行えます。天井から吊るすタイプのものを設けておけば、使用しない時に邪魔に感じることもありません。ここにカウンターを設けておけば乾いた洗濯物をたたむ台として利用できます。そしてアイロンをかけたり、裁縫をしたりと違う用途でも活用できるのです。

そしてここに家族の衣類を一か所で管理できるようにクローゼットを設けることで、たたんだ洗濯物をほとんど移動することなくしまうことができるのです。各クローゼットにしまうということもなくなり家事の効率が一気に高められるのです。効率良く家事を行える家事室はまさに主婦の理想的な空間なのです。

Comments are closed.