家にまつわる話 さやか on 23 2月 2016 02:45 pm

ニッチを取り入れよう

最近住宅で多く取り入れられているニッチ。このニッチは壁の厚みを利用して飾り棚を設けたり、収納スペースを確保することができます。壁の厚みを利用するので空間に圧迫感を与えることがないので人気を高めています。空間的に余裕のあるところはもちろんのこと、階段や廊下など空間的にあまり余裕のない部分にも取り入れることができるのが魅力でもあるのです。

ニッチの形状やサイズは様々です。モザイクタイルを敷き詰めたニッチや古材使用したニッチ、上部に照明を取り付けたニッチなどデザイン性が高いニッチも多いです。ニッチがあることで空間のアクセントとなりますし、空間をオシャレにしてくれます。

我が家の新築住宅にもできるだけニッチを設けてもらいました。リビングのアクセントとなるニッチは、リモコンニッチ兼飾り棚のニッチを設けました。大きさのあるニッチを3つに分けその真ん中をリモコンニッチとして利用しています。ここには照明のスイッチ、給湯スイッチ、インターホンモニター、太陽光モニターを設置しています。リビングの壁に取り付けるこれらをニッチ内に収めたことで、スッキリと生活感を感じさせない印象を与えてくれています。

その上段と下段は飾り棚としてのニッチです。ここにお気に入りの雑貨を並べたり、家族写真や観葉植物を置くことでデザイン性の高さが伺えます。そしてキッチンには調味料入れのニッチを設けました。普段使いする調味料をコンロ近くのニッチ内に収めたことで、料理がしやすいですし、作業するスペースに調味料が占領することがないので、広々と作業スペースを使えるようになりました。壁の厚みを利用して素敵な住宅を目指すのもいいと思います。

Comments are closed.