最近では階段がリビング内に設けられることが多いです。この階段途中に多目的に使用できるスキップフロアを設けてみてはいかがでしょうか。階段をリビング内に設けるメリットは、家族が顔を合わせる機会が自然と作り出され、顔を合わせることで家族のコミュニケーションを増やすことにも繋がります。

そして、この階段途中にスキップフロアを設け、一階のLDKとの繋がりを感じながらも個々の時間を楽しむことができるスペースがあることで住まいの過ごし方の幅も広がります。また、階段をただの通路とせず空間として利用することで一つ憧れの空間を手に入れることができたという満足感にも繋がるのです。スキップフロアには、作業カウンターを設けておきます。子どもがお絵かきをして遊んだり、成長すれば勉強することができます。

子ども達が利用しない時間はパパが書斎スペースとして利用させたり、裁縫や洗濯物を行ったりとママが家事を行うスペースとしても重宝するのです。多目的に使用しやすいように横幅と奥行をしっかり確保しておくといいと思います。パソコンを使用することにも配慮してコンセントの設置や夜でも利用しやすいように照明の設置も必須です。

そして、広さに限りのある空間となるだけに壁の厚みを利用して壁面収納を設けておき、ここで使用する物をきちんと整理できるようにしておきます。物がきちんと片づけられることで広さに限りのある空間でも狭さや圧迫感を感じにくく、利用のしやすさが高まります。一階で過ごす家族との一体感はもちろん、二階で過ごす家族の気配もより身近に感じられ、一階と二階の距離を縮めてくれるスキップフロアとなってくれるのです。