Category Archive for "新築"



新築 さやか on 28 3月 2011

地震に強い家造りとは

私たちの家が完成した。引渡しまであと3日。とても楽しみだけれど・・・。

大きな地震が東北地方で起きてしまった。

津波で家を流された人たち。亡くなった方、行方不明の方も数知れず。

被災者の多くは避難所生活をしていて、仮設住宅の建設も急がれている。

全国の建材も仮設住宅建設のために被災地に集められています。

17年前の阪神淡路大震災では多くの建物が倒壊して犠牲者が出た。

そのときに、倒壊の原因となったのが基礎の部分に作られた「床下換気口」だったというデータがある。

この床下換気口はその名のとおり、床下の換気をするためのもの。基礎の部分に開口部を設けてそこから通気をさせている。

でも、その開口部分が壊れて(=基礎が壊れて)家が倒壊したという図式が成り立っている。

それを理由に家造りの基礎の形が変わってきた。換気口の開口をなくして、代わりに基礎パッキンというものを使用するようになった。

これは基礎と土台の間に敷いて通気を取るというもの。

こんなもので通気が取れるのかと思うけれど、床下点検口を開け、手を入れてみると結構風が通っているのがわかる。通気はきちんとできているらしい。

それに、家の建て方も一階と二階の柱の位置をそろえることや体力壁の位置をそろえることで地震の揺れに対する耐力が出るということだった。

最近、耐震補強のためのリフォームを滋賀のリフォーム会社に依頼したという友人がいたが、地震には強くても津波や川の流れには太刀打ちできないんだろうと思う。

そういった家造りをしていても津波がきたら流されてしまうかもしれない。じゃあ、高台に建てたらいいのかというとそうでもない。高台は地すべりの危険があるから。

そんなことばっかり考えていたら、家なんかどこにも建てられない。

自分の家の完成を素直に祝いつつ、被害にあった地域の一日も早い復興を願っている私なのだった。

新築 さやか on 03 11月 2010

早く、ゆっくり造ってください

地鎮祭を終えた建築予定地で、基礎工事が始まった。

家にとってとても大切な基礎。

コンクリートと鉄筋で作るので雨が降ったらブルーシートで養生しないといけないそうだ。

折りしも秋の長雨シーズン。

なかなか着工できずにいたので、家造りがまるでストップしてしまったようだった。

だけど、雨がやむと工事を再開。

少しずつ確実に家の基礎が出来上がっていく。

毎日見に行くわけには行かなかったけれど、これまた、父が毎日見に行って、写メを送ってくれた。

このためにメールを覚えたといってもいいかもしれない。

父にとっても何かが変わるこの新築の戸建て注文住宅建築だった。

夏の暑い盛りはコンクリートもよく乾いてよさそうだけど、ほんとうはこのくらいの気温のときのほうがゆっくり乾かすことができていいらしい。

早く建たないかなと思うけれど、ゆっくり時間をかけて丁寧に作ってもらいたいという希望もあるから、今は自然に任せていよう。

あせらなくても新築の注文住宅は建つよ。

父も母も、だんなさんも私も、この家が建ったら毎日楽しくて仕方ないんだろうな。

もう、すっかり一緒に住むような気になっている私たち4人だけれど、誰も、一緒に住もうなんて言った覚えはない。

みんなそれぞれにそれぞれの想いがあるんだと思う。

まだ一緒に住むには早いけど、みんなで同じ方向を向いて同じ幸せを掴むことができたら嬉しいなあ。

この暖かい家族が新築の注文住宅で幸せに暮らせたらいいなあと思った私なのだった。

新築 さやか on 11 10月 2010

地鎮祭

家を建てる前に土地の神さまにお参りする地鎮祭をした。

神社から宮司さんが来てくれて、神様を呼び、お酒や果物、野菜、海産物、尾頭付きの鯛でおもてなしをして、この土地に新築の住宅を建てることを許可してもらい、工事中の安全祈願とこの先ずっとの家内安全をお願いして神さまにおかえりいただいた。

一連の神事はなんだかワケがわからない間に終わったけれど、なんとなく厳かな気分になって、これから家が建つんだという気持ちがふつふつとわいてきた。

南向きのいい土地に本当に新築の注文住宅を建てることができるというのは幸せなこと。

これから始まるローンの支払いも、まったく怖くないほどに幸せを感じるひと時だった。

地鎮祭でお供えをした野菜、果物、海産物、尾頭付きの鯛は家にもって帰って食べた。えんぎものなので鯛は焼いてはいけないらしい。

家が火事になると連想させるそうだ。

なので鯛は刺身と吸い物にした。

私はとりあえず、魚をさばくことはできるけど、刺身はあまり上手にできない。

吸い物の具がだんだん多くなってきそうなので途中で母に代わってもらった。

鯛の刺身も吸い物も久しぶり。

これも新築の注文住宅がこれから建つというおかげ。

だんなさんの両親も来てくれて私の実家で大宴会になった。

家造りってどっちのお父さんも体験したことだけど、やっぱり男にとって一世一代の大仕事だと、二人の父が口をそろえて言った。

だんなさんはこれからが勝負とみんなに決意表明をした。

建材を販売しているネットショップなどを見ているとワクワクしてしょうがない。

それと私もこれから、かわいい赤ちゃんを産みたいな、と思ったけど、こればかりは・・・。

わからないから神様にお願いするとしよう。

新築 さやか on 05 9月 2010

土地の話

あまりにうまくいきすぎた土地の取得。

どうもおかしいと思ったけれど、バブル景気の頃、儲けたお金をヘソクリにしていた父が、私のためにと買ってくれたのは本当だった、と母にきいた。

そのころは工務店も集客に力をいれなくても困ることがなかったみたい。

でも、私がこどもの頃、うちは貧乏だったと思うんだけど、と聞いた私に母は

「節約家だったといって欲しいな」と言った。

一人っ子ってやっぱり得なんだろうか。

親にしてみたら本当は同居して欲しい気があるのかもしれない。

だけど、そんなこといえないから実家の近くにこうして土地を用意して「スープの冷めない距離」を確保したのだろう。

そう思うとなんだか泣けてきた。

そんなにまでしないと私が大分で新築の注文住宅を建てないと思ったんだろうか?

もう、信用のない娘でごめんなさい。

だんなさんにも申し訳ないと思う。

三人兄弟の末っ子。

彼はどこに住もうが実家の両親にとってはあまり関係ないらしい。

ただ、うちの家は跡取りが必要なわけではないから養子なんてことは考えていない。

私にきょうだいがいないから親の老後は私が見なければ、と言ったところかな。

それをだんなさんはよく理解してくれている。

ちょっと間違ったら今回の土地だって腹を立てて意地になって他の土地を買ったかも知れない。

だけど、私のことも私の両親のことも大切に思ってくれているから、今回のことは受け入れてもらえたんだと思う。

ありがとう。

大分で新築の注文住宅をステキなやつ建てようね。

そして、みんな、仲良くしようね。

って言いながらだんなさんのおごりでごはんを食べに行った。

新築 さやか on 11 8月 2010

土地探し

少し前から父に「家を建てる土地は俺に任せろ」と前にも聞いたことのあることを言われていた。

任せろって言ってもなあ。

私たちにだって希望の土地くらいあるかもしれないのに。

といいつつ、特に探しもしていなかった私たちだったが、そんなある日父が土地を見つけたと写真を持ってきた。

実家近くの住宅地。

私がこどもの頃は遊び場にしていた山を切ったようなところ。

住宅地のメリットとしては、上下水道が完備されているところもあるし、道路もきちんと整備されている。

日当たりも考えられているところが多いし、コミュニティができている。といったところかな。

私にとっては庭のようなこの住宅地だけれどだんなさんにしてみたら私の実家に近いしちょっといなかだし、どうなんだろう。

そんなことを思いながら土地を見に行った。

この住宅地はもう10年も前に造成されたところだから人気のあるところはもう売れてしまっただろうに。

そんなことを考えながら実家からテクテクと歩いていた。

そして空地を見るたびに「ここかな?ここかな?」と売地の看板を見ていたけれど、該当するものはナシ。

と、父が「ここ」と立ち止まった。南道路の角地。

いい土地だった。

「へえ、こんなところ残ってたんだ。でも高いんじゃないの?」と私が言うと、

「俺の」と父が一言。

は?どういうこと?と目をまるくしている私に父が言った。

「俺の土地。お前のために買った」

母が言うには私がいつか家を建てるときのために、この住宅地が売り出されたときに父は真っ先にこの土地を買ったんだそうだ。

えー、そんなお金、うちのどこにあったの?

土地だけで所有してたら、税金がもったいなかったんじゃ?

なんていらないことを考えた私だったが、親心、ありがたく受け取ることにした。

だって、もし、断ったらどんなことになるかわからない。

それはだんなさんもよくわかっているようで、ここは甘えることになった。

お父さん、だんなさん、ありがとうね。

新築 さやか on 20 7月 2010

住宅会社が決まった

いろいろと父と話もしたけれど、やっぱりこの間見学会をやっていたサラダホームに家造りを頼むことにした。

話す前からほとんど、みんなの気持ちは決まっていた。

外壁を漆喰にするかどうかは別にして、内壁を漆喰にしてあげるだけで抜群の空気環境になるのだという。

話を聞くと、今までアレルギーで苦しんでいた子供さんが漆喰の家に住むようになって、ハナミズがぴたりとやんだらしい。

本当かなと思うけど、きっと本当なんだろう。

その証拠に漆喰の家はとても居心地がいい。

見学会でも見せてもらったし、モデルハウスも見に行った。

このモデルハウスがまたすごくてオール無添加素材という「無添加住宅」だった。

サラダホームは大分無添加住宅という名前も持っているそうだ。

この無添加住宅は兵庫県に本社のある住宅会社で、もともと普通の工務店だったけれど、シックハウスに悩むお客さんの相談を受けてこの事業を始めたらしい。

それが功を奏したというわけなのだが、こうして何も関係のないわたしたちまでいいものにめぐり合えたことを本当にラッキーだったと思う。

大分で新築の注文住宅を建てるならこの会社を一度は見ておいたほうがいいと思う。

この会社は新築だけじゃなく、営業エリアである大分でリフォームや不動産に関しても全力で取り組んでいる会社のように感じられる。

それに社長さんの家造りに対する想いをたくさん聞いてもう、みんな、ここ以外にないくらいに思ったと思う。

職人の父から育てられた私は同じく職人(大工)だったという社長さんの話にいたく感銘を受けた。

だんなさんがなんていうかと思ったけれど、サラリーマンの息子であるだんなさんもいたく感銘を受けていた。

すべてがまるく収まった。よし!

新築 さやか on 07 6月 2010

父の教え

この間見に行った家、父の仲間の左官さんが仕事をしているらしい。

そして、父はその人をとても買っている。

家を建てるならああいう家を建てろということだったらしい。

私もそれは納得した。

あの家はよかった。

まだ、私たちにはこどもがいないけど、もしもこどもがうまれたらやっぱりいい環境で育ててあげたいと思う。

化学物質にまみれた空気環境の家よりもやっぱりいい空気環境の家に住みたいし、住まわせてあげたい。

聞いた話によるとシックハウス症候群の原理は花粉症に似ているらしい。

体内の許容量を越えると発症して、症状が軽くなっても、完治するのは難しいらしい。

賃貸住宅でもリフォームしたての物件などでも症状が出ることがあるらしい。

こどものからだは小さいから許容量も少ないだろう。

そこに新築の家から出る化学物質を吸い込んだらすぐに許容量が一杯になってしまうんではなかろうか。

だいたい、そんな感じだと思うんだけれど、大人にとってもリスクのあるものをこどもには与えたくない。

と思った。

なので私は、父の言うとおり、漆喰の家を建てたいと思っている。

だんなさんに聞いてみたら、だんなさんも同感。

うまれるかどうかもわからない子供だけど、家造りにはとても大きなお金が必要なので絶対に失敗はしたくない。

シックハウスの話も知らなかったらそこまでだったけど、知ってしまったからもう、後には戻れない。

それはおそらく間違っていないんだと思う。

でも、手遅れになる前でよかった。

そんなわけで私たちの家造りは「漆喰を使った新築の注文住宅」ということに決まったのだった。

新築 さやか on 13 5月 2010

父の勧める住宅会社

父のおススメだというある住宅会社で建物の見学会があるという情報をゲット。

早速行ってみることにした。

外から見ただけでなるほど、と思った。

漆喰の塗り壁の家だった。左官の父が勧めるはずだよ。

外は真っ白の壁に、濃いブラウンのサッシと屋根がきれいに映えている。

色としては好きな色。

さて、中はどうかな?なんと内壁も漆喰塗りだった。

案内をしてくれた人が言うにはこの漆喰、昔からお城の壁や土蔵の壁にも使われている天然素材で、湿気を調節し、空気をきれいにしてくれる機能も持っているそうだ。

漆喰というものは左官の娘だから知っていたけど、湿度の調節や空気清浄作用があるなんて事は知らなかった。

でも、昔の家はみんなこういった自然素材で作られているから結露とかもしないと思ってた。

だけど、本当は使っている材料が調湿などの効果を持っていたんだ、と初めて気がついた。

それに、今主流のクロスという壁紙は、合成の接着剤を使っているから、そこから出る化学物質がシックハウス症候群の原因にもなっているという。

シックハウス症候群、どこかで聞いたことがある。

と思ったら3年前に新築のマンションを買ったおばさんが、シックハウス症候群にかかり、せっかく買ったマンションに住めないという大変な事態が起ったことを思い出した。

シックハウス症候群にはそんな秘密があったのか。

せっかく新築の注文住宅を建てても、その家に住めないんじゃ仕方がない。

いい素材を選ぶことが必要だとわかってよかった。

新築 さやか on 22 4月 2010

住宅展示場を見学!

住宅展示場を見に行った。

広い敷地に、大きな家。

私たちが建てようとしている家にはほど遠い家。

だけど、夢を見るにはいいかもしれない。

大手ハウスメーカーと呼ばれる住宅会社の家を見て、ため息をついたりビックリしたりしながら見学をした。

こういうところで見る家は豪華に仕立てられていて、これから新築の注文住宅を建てようかと思っている人には目の毒になることもあるかも、なんて思ったりする。

見学するときには住所と氏名を書くことがある。

そこが問題だった。

営業の人が家にやってくるようになった。

その辺はうまく立ち回っていればいいけれど、ちょうど父がいるときに来てしまったから大変。

父は営業マンを追い返し、私たちはその場で父から説教をされた。

だけど私は父にきちんと言った。

「お父さん、私はお父さんの娘だから、お父さんがこうするのがいいと言った建て方で家を建てたいと思うよ。

黙っていたのはごめんなさい。だけど、まだ、本気じゃなかったんだよ。本当に家を建てることになったらお父さんに一番に相談するにきまってるじゃない」

と言って二人でひたすら謝った。

母も一緒に謝ってくれた。

父は、私の言葉を聞いて、安心したのか、その場は何とか収まった。

そして父は「お前の家は俺がチームを組んでやる」と言い出した。

それはそれでチョッと話が違う。

どうしようかな、と思っていたら父は

「うそだよ。お前たちの家造りだからお前たちが思うようにしなさい。ただ、困ったときにはいつでも相談に乗るよ」と言ってくれました。

お父さんありがとう。本当に頼もしい。

いくつになってもお父さん大好き、と思った。

« 前ページへ